2008年09月16日

適職検査は、「向いている業種選び」ではなく、「向いている業務内容把握」に生かそう

スポンサードリンク

 適職検査を最大限に生かす考え方について、考えてみましょう。

 適職検査では前職が向いていなくて失敗してしまった人でも、最適な職業に付けるような手助けをすることが出来ます。

 たとえば、今までやってきた仕事が合っていなかったと思う場合でも、何らかの形でその経験を生かせる場合があります。たとえば、同じ業界の中ならば違う職種であっても前職で得た技能や経験を生かせる場面もあるかもしれません。


 世の中にはいろいろな職種がありますが、細かく見ればひとつの職種の中でもいろいろな仕事内容からなっています。例えば、運送会社に働いていて自分には合わずに退職してしまったとしても、運送会社が適職ではないということにはなりません。運送会社で当時従事していた業務が向いてなかっただけかもしれません。

 つまり、適職検査を受ける際には、「向いている業種選び」ではなく、「向いている業務内容把握」に生かそう、と考えるとよいのです。

 具体的なひとつひとつの仕事内容まで見ていけば、自分に「向いていた」と感じる仕事と、「向いていなかった」と感じる仕事の両方があったのではないでしょうか。自分に「向いていた」仕事内容をよく考えてみると、やりたい方向性が見えてくる場合もあります。

 適職検査を利用して、前職での経験を全て切り捨てるのではなく、うまく次に生かせる方法を考えてみましょう。前職での知識は転職時にも有利に働きますので、自分に合った業務内容、例えば事務職だったり、営業職だったりをきちんと認識していくことが大切です。

 そうすることで、たとえば就職の面接の際にも、自己PRに、「自分はどういう業務に対して能力を持っている」ということが言いやすくなり、適職検査の活用の幅が広がるのです。
posted by 仕事の適性を知ろう at 11:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 適職検査
この記事へのコメント

このみなぎる自信はなぁに??
デビュー戦で報_^酬まで貰っちゃって、もう最強でしょ!!!!
http://arctries.com/pre/ekd56o-/
Posted by 黒ごま at 2010年11月09日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19453912

この記事へのトラックバック