2008年02月26日

適職を見極めるうえで:やりたい仕事がない場合にはどうすればいいの?

スポンサードリンク

 適職検査を受ける人の中で、一番多い悩みは『やりたい仕事がない』ということじゃないかな、と思います。

 私も経験があります。やりたい仕事なんてねーよ、できれば仕事なんかしたくないよ、と思ったことが・・・


 そういう場合、私がおすすめしたいのは、まずは毎日の生活の中で、あなたが今一番興味を持っていることを考えてみることです。それは、料理のことであったり、旅行のことであったり、車に関することであったり、人それぞれあるんじゃないでしょうか。

 それを実際の職業と結び付けてみましょう。例えば興味あるものがゲームだとしたら、それを作りたいのか、遊びたいのか、誰かに遊んでもらいたいのか、または批評したいのか、方向がいろいろです。

 つまりゲームを扱うものでも、実際に作成したり、提供したり、また料ゲーム周辺機器を作ったり、サービスしたり、販売したりと、方向が絞れてくると思います。

 完全に自分がしたいことと一致しなくても、自分がしたいことをするうえで有益なことを学べるような仕事をえらんでいけば、おのずと仕事にたいしてのやりがいもわいてきます。

 そこまで考えたうえで、その方面ではどのような職業があるのか、その需要も含めて調べることが必要になってきます。その中から自分のやりたい仕事が見つかってくるでしょう。あとはその仕事に就くにはどのような準備をしたらよいのか分かってきます。

 適職を見極めること、天職を見つけることは非常に難しい作業になると思います。しかし少なからず、興味がある業種や職業があるはずです。まずはその職業からどうしたらなれるのかを調べてみることから仕事探しをはじめると良いでしょう。

 かりに自分のやりたい仕事がない、という時にも、将来自分でそういった仕事を作り、起業するのだ、と思っておけば、その前段階として、今の仕事えらびに取り組めるようになりますよ。

 今のあなたと同じなやみをかかえる人たちの、将来の仕事を作ってあげることにもなりますしね。
posted by 仕事の適性を知ろう at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 適職検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11464965

この記事へのトラックバック